当社は『CO2を削減できるクリーンなエネルギーを使い「持続可能な社会」の実現に貢献する』という、これからの時代にあった新たなライフスタイルを提案したいと考え、再生可能エネルギーを活用した発電プロジェクトを積極的に推進してまいりました。

大規模太陽光発電施設のプロデュースを中心に実績を重ね、風力・水力の発電施設プロデュースにも着手し、2018年10月現在、年間10億kWhを超える発電量を見込んでおります。

また、大容量定置用蓄電池(ESS)『Blue Power Battery』の生産及び販売にも着手し、今後は、蓄電も含めたよりよいソリューションを提案してまいります。

※数値は、建設中施設分を含む。

大規模太陽光発電

調査→認定取得→開発→建設→O&M

すべてBlueグループの企業が一社一貫した業務体制で請け負います。

  • デベロップ事業での豊富な経験と実績を基盤とした独自のマーケティングにより、太陽光発電に適した最良の「土地」の選定をいたします。
  • 経済産業省からの設備認定、電力会社からの系統連系の承諾他、各種許認可も独自のルートでスムーズに手続き代行いたします。
  • 施工は下請けや他社に任せず、発電所の施工を専門とするグループ企業の「株式会社Blue Power Construction」が、安全・安心をモットーに、一社一貫した業務体制で請け負います。
  • 設置後のO&M(Operation&Maintenance)、また、蓄電システムの導入関しても「株式会社 Blue Power Energy」でサポートいたします。

発電施設一覧を見る

大容量定置用蓄電池(ESS)

株式会社Blue Power Energyにより、大容量定置用蓄電池(ESS)『Blue Power Battery』の生産・販売を行っております。

太陽光発電や風力発電は天候によって発電量が左右されますが、不安定になる出力を定置用蓄電池(ESS:Energy Storage System)が、吸収または補うことで安定した出力として供給できるため、再生化エネルギーによる発電の普及に伴い、その重要度は増しています。

バッテリー容量が2.2MWと大容量の『Blue Power Battery』は、家庭用から大規模発電所まで幅広く活用できるESSとなっており、運用案件も急速に伸びております。

『Blue Power Battery』採用発電施設を見る

風力発電

昼も夜も発電が可能であり、2012年の固定価格買取制度の制定により収益性が高いということで注目されている小型風力発電に関しても、Blueグループでのプロジェクトをスタートいたしました。

経済産業省の設備認定を取得済みの4施設を含め、全国で23施設のプロジェクトが進行中となっております。

発電施設一覧を見る

水力発電

水力発電は日本の恵まれた水資源を有効活用できる上、温室効果ガスも大気汚染の原因となる酸化物も排出しない、最もクリーンな発電手法です。 水流や水量を変化させることで発電量を容易にコントロールすることができるため、効率的な運営ができると注目されております。

当社でも開発・運営に向け、準備を進めております。

TOP