当社は『CO2を削減できるクリーンなエネルギーを使い「持続可能な社会」の実現に貢献する』という、これからの時代にあった新たなライフスタイルを提案したいと考え、再生可能エネルギーを活用した発電プロジェクトを積極的に推進してまいりました。

大規模太陽光発電施設のプロデュースを中心に実績を重ね、風力・バイオマス発電施設のプロデュースや、大容量定置用蓄電池(ESS)『Blue Power Battery』の生産及び販売にも着手し、今後も、よりよいソリューションを提案してまいります。

大規模太陽光発電

調査→認定取得→開発→建設→O&M

すべてBlueグループの企業が一社一貫した業務体制で請け負います。

  • デベロップ事業での豊富な経験と実績を基盤とした独自のマーケティングにより、太陽光発電に適した最良の「土地」の選定をいたします。
  • 経済産業省からの設備認定、電力会社からの系統連系の承諾他、各種許認可も独自のルートでスムーズに手続き代行いたします。
  • 施工は下請けや他社に任せず、発電所の施工を専門とするグループ企業の「株式会社Blue Power Construction」が、安全・安心をモットーに、一社一貫した業務体制で請け負います。
  • 設置後のO&M(Operation&Maintenance)、蓄電システムの導入に関しても「株式会社 Blue Power Energy」でサポートいたします。

発電施設一覧を見る

大容量定置用蓄電池(ESS)

株式会社Blue Power Energyにより、大容量定置用蓄電池(ESS)『Blue Power Battery』の生産・販売を行っております。

太陽光発電や風力発電は天候によって発電量が左右されますが、不安定になる出力を定置用蓄電池(ESS:Energy Storage System)が、吸収または補うことで安定した出力として供給できるため、再生化エネルギーによる発電の普及に伴い、その重要度は増しています。

バッテリー容量が2.2MWと大容量の『Blue Power Battery』は、家庭用から大規模発電所まで幅広く活用できるESSとなっており、運用案件も急速に伸びております。

小型風力発電

メーカー ソリッドウィンドパワー社
発電容量 19.80kW
ローター直径 14m
ハブ高さ 18m

昼も夜も発電が可能であり、2012年の固定価格買取制度の制定により収益性が高いということで注目されている小型風力発電に関しても、Blueグループでのプロジェクトをスタートいたしました。

現在、全国29施設の進行中プロジェクトの内 3基が稼働中です。

発電施設一覧を見る

バイオマス発電

バイオマス発電は、木質資源など生物由来の資源を利用した発電方法です。

バイオマス発電の燃料は成長する段階で吸収されたCO2と、燃焼時に発生するCO2が等しいという考え方から全体としての大気中のCO2の増減に影響を与えない「カーボンニュートラル」という発想で作られています。

当社のバイオマス発電所で使用するメインの燃料は、マレーシアのPKS(Palm Kernel Shell)集荷・販売会社(当社関連会社)より、年間40万tの安定供給を見込んでおり、発電所に関しては、愛知県半田市をはじめ順次進行中です。

※当社は、年間100万tのPKSの集荷を見込んでおります。

  • PKSの集荷・販売会社
会社名 Blossom Bio Energy Sdn. Bhd.
所在地 マレーシア・サバ州・ラハダトゥ
事業内容 PKSの集荷・販売
  • パーム椰子果実の構造

パーム椰子果実の殻部分が、PKS(Palm Kernel Shell)として使用されます。

TOP